フロントラインシリーズの比較

フロントラインのシリーズは、代表的なもので3種類。

 

フロントラインプラスは、ノミやダニの成虫を駆除したり、卵の孵化をストップする効果を持っています。

 

マダニの成虫やシラミ、ハジラミにも効き目があるのが特徴です。

 

効果が現れるまでには、ノミで投与後24時間以内、マダニで48時間以内とされています。

 

効果の持続期間は一ヶ月で、使用できるのは生後8週齢以降の猫と犬です。

 

使い方は、シャンプーをして被毛と地肌を乾燥させてから投与します。

 

投与して一日経過したら、シャンプーしても大丈夫です。

 

フロントラインプラスにも種類があり、小型犬用、中型犬用、大型犬用、超大型犬用などが揃っています。

 

 

フロントラインスポットオンは、ノミやマダニの成虫に効果があります。

 

ノミの場合は投与後12~18時間以内、マダニなら48時間以内に駆除することが可能です。

 

効果の持続期間は、犬のノミに対しては2ヶ月、犬のマダニと猫のノミに対しては1ヶ月とされています。

 

使用できるのは、10週齢以上の犬または12週齢以上の猫です。

 

スポットオンの有効成分には、フィプロニルが使用されています。

 

使用してから2日間は、シャンプーを控えるようにしましょう。

 

小型犬用、中型犬用、大型犬用の種類が揃っています。

 

 

フロントラインスプレーは、ノミやマダニの成虫に有効です。

 

ノミなら投与後24時間以内に駆除することが可能です。

 

犬のノミの場合は最大で3ヶ月、猫のノミなら最大2ヶ月の効果持続期間があり、マダニなら1ヶ月間有効です。

 

使用できるのは、生後2日以上経った犬と猫で、妊娠中や授乳中の母犬・母猫にもOKです。

 

容量に種類があり、100mlと250mlが揃っています。

 

フロントラインシリーズの比較関連ページ

フロントラインプラスの選び方
ペットのノミやダニの対策にフロントラインプラスを試してみようと思った方、種類の多さに迷いませんでしたか?
フロントラインプラスの定期投与
ノミやダニは目に見えにくく、非常にペットに寄生しやすい害虫です。
フロントラインプラスの購入方法
フロントラインプラスは、動物病院で購入できるノミ・ダニ対策の薬です。
フロントラインプラスの効果がでるまで
ペットにつくマダニは、人間にも寄生する恐ろしい害虫です。
フロントラインプラスと一般薬剤の違い
ノミやダニを駆除するには、ペット用ではなくても殺虫剤が市販されています。
フロントラインでノミ、マダニ対策
ノミだけでなく、深刻な被害をもたらすマダニを含めたダニにも効果のあるフロントラインプラス。
フロントラインのシリーズ
フロントラインプラスを製造発売しているのは、メニアル社です。
フロントラインプラスの口コミ
多くのペット愛好者に使用されているフロントラインプラスですが、実際に使用している人の口コミや獣医さんの評価が気になりませんか?
ノミ・ダニ駆除剤の選び方
ノミやダニは非常に繁殖率が高く、成虫を殺したくらいでは完全に駆除したことになりません。
フロントラインプラスの使用環境
例え効果の高い薬を使っても、ノミやダニが発生しやすい環境のままでは意味がありません。
フロントライン以外のノミ・ダニ駆除薬
フロントラインプラスを試してみようと思ったら、他のノミ・ダニ駆除薬が目についたという方もいるでしょう。
ブラッシングでノミ・ダニを予防
フロントラインプラスを使ってノミやダニの予防や駆除をする他にも、ペットのために対策をしてあげることができます。
フロントラインプラスを通販で
ノミやダニは、春先や夏の初め頃にだけ活発になると思っていませんか?
フロントラインプラスの個人輸入
フロントラインプラスは、獣医さんがおすすめするだけあって多くの人が効果を実感しています。
フロントラインプラスの使用効果と使用間隔
フロントラインプラスは、継続して使用することでノミやダニを完全に駆除することが可能です。
フロントラインプラスの成分
フロントラインシリーズの中での違いは、成分にあります。
フロントラインプラスの効果の持続性
ペットの体にノミが5匹ついていたら、その周囲には100匹程度の幼虫やサナギ、卵がいると思っておいたほうがいいそうです。
フロントラインゴールド
犬や猫の体にノミやダニが寄生したときには、かゆみの他にも病原菌に感染する恐れがあります。