フロントライン プラス

ノミの卵や幼虫の発育までも阻止する、一歩進んだノミ対策が可能です。
フロントライン プラスは、従来のフロントライン同様に、ペットに寄生した成ノミやマダニを速やかに駆除。
加えて、2つ目の有効成分(S)-メトプレンがノミの卵の孵化・発育まで阻止するダブルの効果で、寄生中のノミだけでなく、その繁殖・再寄生を予防します。

 

また、犬のシラミとハジラミ、猫のハジラミを駆除する効果も確認されています。

 

概要
フロントライン プラス
卵や幼虫の発育までも阻止する、一歩進んだノミ・マダニ対策。
フロントライン プラスは、従来のフロントライン同様に、ペットに寄生した成ノミやマダニを速やかに駆除。加えて、2つ目の有効成分(S)-メトプレンがノミの卵の孵化・発育まで阻止するダブルの効果で、寄生中のノミだけでなく、その繁殖・再寄生を予防します。 また、犬のシラミとハジラミ、猫のハジラミを駆除する効果も確認されています。

 

●特徴
フロントライン プラスなら、定期投与でノミの成虫駆除はもちろん、卵のふ化・成長もブロック!

 

わずか24時間でノミの成虫を駆除!有効成分 フィプロニル
<フィプロニル>が、ペットの皮膚表面の皮脂の層に広がり、24時間以内に全身をカバー。ペットの体に寄生したノミが被毛や体表の有効成分に接触すると、素早く効果を発揮。ほぼ24時間で、ほとんどの成虫を駆除します。
ノミの卵のふ化を阻止し、再寄生を予防!
ノミの卵のふ化を阻止し、再寄生を予防!有効成分 フィプロニル
配合成分<(S)-メトプレン>がノミの体内に浸透。たとえそのノミが生き残って卵を産んでも、浸透した成分がふ化・成長を阻止します。そのため、その卵は成虫になることはなく、ペットへの寄生を事前に予防できます。
マダニも48時間でしっかり駆除できます。有効成分 フィプロニル
マダニの寄生による病原体のペットへの感染率が高くなるのは、マダニが吸血を開始してから48時間以降。フロントライン プラスは、ほとんどのマダニを投与後48時間以内に駆除します。
ノミ・マダニ以外の寄生虫にも効果を発揮。
犬のシラミとハジラミ、また猫のハジラミを約48時間で駆除する効果もあります。
首筋に垂らすだけの簡単投与です。
スポットオンタイプの投与は、犬や猫の首筋(肩甲骨の間)に全量垂らすだけです。24時間以内に成分が全身にゆきわたります。

 

被毛をかきわけてたらすようにします。被毛をかきわけてたらすようにします。 成分が皮脂線に蓄えられ、皮脂と共に放出。成分が皮脂線に蓄えられ、皮脂と共に放出。 成分が全身へとスピーディーにゆきわたります。成分が全身へとスピーディーにゆきわたります。 シャンプーや水浴の影響がほとんどありません。
シャンプーや水浴の影響がほとんどありません。
投与後のシャンプーについて
投与後24時間で成分が体全体に拡散した後は、皮脂腺から皮脂と共に成分が少しずつ体表に補われますその成分は、シャンプーやシャワー、お風呂、さらには雨、雪などの影響をほとんど受けません。
※犬では投与後24時間以降に、また猫では投与後48時間以降にシャンプーした場合でも製品の有効性が維持されていることを確認しています。
投与前のシャンプーについて
シャンプーやお風呂、またトリミングを行った場合でも、毛や皮膚が乾いた後、すぐに投与が可能です。 ペットにも、人にも優しい安全性。
ペットにも、人にも優しい安全性。
妊娠中や授乳期の母犬や母猫、生後8週齢からの子犬や子猫への投与試験において安全性を確認。また、人に対する安全性も様々な試験で確認しています。
動物病院のみで処方される、信頼の動物医薬品。
動物病院のみで処方される、信頼の動物医薬品。
フロントライン プラスは、ホームセンターやペットショップ、スーパーマーケットなどでは取り扱っていません。動物病院だけで処方される動物用医薬品です。
効き目で差がつく、フロントライン プラス。
ホームセンターやペットショップ、スーパーマーケットなどで扱っているスポットオン製剤の多くは、動物用医薬部外品であるため、効果の低いものや効果の持続力が弱いものもあります。フロントライン プラスならノミやマダニの駆除率は、ほぼ100%。しかも、効果は1ヵ月以上※も持続します。
※猫のマダニ駆除効果は約3週間持続します。

 

 

フロントライン プラスは、犬または猫の首筋(肩甲骨の間)に垂らして投与する、スポットオンタイプです。滴下された成分は体表の脂分を伝わって全身にゆきわたり、皮脂腺に蓄えられ、皮脂とともに再び体表や皮毛に放出されますから、垂らすだけの簡単投与で、ノミやマダニの被害からペットを守ります。

 

使い方ムービー
投与方法
ピペットを取り出します。 ❶ピペットを取り出します。
裏面のアルミシールをはがしてピペットを取り出します。 切れ込み線部分を折ります。 ❷切れ込み線部分を折ります。
上部の切れこみ線部分を折ります。緑色の面を手前に向けて折ると、薬液が体に飛び散ることがありますので、図のように白い面を体の方に向けて折ってください。 切れ込み線部分を折ります。 ❸肩甲骨の間に全量を滴下します。
肩甲骨の間の1カ所にピペットの全量を滴下します。
猫や大型の犬の場合には、投与した液が流れやすいので、注意してください。 直接皮膚の上に滴下します。 ❹直接皮膚の上に滴下します。
皮膚が見えるように皮毛をかき分けて、薬液を直接皮膚の上に滴下してください。 投薬を確認します。 ❺投薬を確認します。
ピペットの全量を投与したことを確認してください。

フロントラインプラスとは

ペットにつきものなのが、ノミやダニです。

 

激しいかゆみだけでなく、悪化して皮膚炎になったり、貧血や犬バベシア症を引き起こす可能性もある害虫ですから、早めに駆除してあげたいですね。

 

ペットのノミやダニの駆除に役立つのが、「フロントラインプラス」です。

 

今活動しているノミばかりか、ノミの卵の孵化を防止してくれるので、爆発的にノミが増えずに済みます。

 

犬用では、何と24時間で100%に近いノミ駆除が可能なのです。

 

 

ペットのノミが人にも付くのはよく知られていますが、もっと厄介なのはマダニです。

 

マダニは人の血を吸うだけではなく、皮膚を切り開いて傷口からセメントに類似した物質を注入するのです。

 

唾液から注入する物質によって、アレルギーを発症することもあります。

 

恐ろしいのは、傷口周辺の細胞が破壊され、マダニの活動がさらに勢力を増していくことです。

 

普段は2ミリ程度のマダニが、血をいっぱいいっぱいに吸うと、最大で100倍から200倍もの体重に巨大化するといいます。

 

血を吸うことよりもむしろ、病原菌を媒介するのが恐ろしいダニなのです。

 

 

フロントラインプラスは、マダニにも効果を発揮してくれます。

 

約一ヶ月間効果が持続するので、頻繁に交換しなくてもいいのが助かりますね。

 

また、入浴しても薬は有効なので安心です。

 

更新履歴